バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

アレクサンダーテクニークのレッスンに僕が何を持ち込んだか、ということ

      2013/05/30

美容師とお客様のイメージ写真

 アレクサンダーテクニーク教師とヴァイオリニストのレッスンは、美容師さんとお客さんの関係に似ています。美容師さんとの楽しい時間は、この一言から始まります…… 「今日は、どんな感じにしますか?」

 思えば、僕のレッスンはいつも先生任せでした。

ヴァイオリンだと……
M先生「今日は、何を見たらいいの?」
僕「何をやればいいかわからないので来ました」

アレクサンダーテクニークだと
J先生「何をやりたいの?」
僕「よくわかんないけど、ヴァイオリンをひきます」

でも、それでいいんですよねー。

「今日はどうします?」

 アレクサンダーテクニークのレッスンでは、生徒さんが悩みや望みを持ち込んできます。それは本当にさまざまです。僕が参加したグループレッスンで見たことがあるのは、例えば……

「よくわかんないけど、ヴァイオリンひきます」
「椅子に座ってひくと落ち着かない」
「指揮者とうまく合わない」
「演奏中に肩が痛い」
「音がかすれる」
「このパッセージがうまくいかない」
「留学しようか迷っている」
「ヴァイオリンの先生を変えようと思う」
「楽器やる気が起きない」

……などなど。時には、ヴァイオリンの先生にはいえないような、ヴァイオリンとは関係なさそうな悩みだったり、逆にヴァイオリンについてのものすごく深刻な悩みを持ってきているのを見たことがあります。

 それに対して、ひとつひとつ解きほぐしながら「本当は、こっちが問題かも知れない」とか「それをやるためなら、このやり方もあるよ。どっちが好き?」みたいに提案してくれます。

「うーん、任せます!」

 でも、「なんにもわかんない。でも、もっとうまくいく方法を知りたい」あるいは「よくわかんないけど、なにかアドバイスある?」みたいなリクエストもあるわけです。僕がレッスンしてもらった時でもそういう事がほとんどです。もしかしたら、何かを準備していった時よりも、何も考えずただ「演奏するんで、見ててもらえますか?」というときのほうが、どえらい学びの深さになったりするんです。これ不思議。

「じゃあ、こういうのはどうですか?」

 美容師さんは「この写真みたいにしてほしい」「爽やかな感じで」「顔が小さく見えるように」「友達の披露宴に行くんで」など私たちの一言を手がかりにして、いくつかの提案をしてくれます。そして、私たちはその中から気に入ったものを選ぶことができます。もちろん「ここは5センチ切って、ここからここまでは今のまま、あとは好きにして」というオーダーも受けてくれます。

 「だったら、レッスン前にアンケートとか『今日はどんなことを探求しますか?』なんて聞かなきゃいいじゃん」と思っちゃいますよね。じつは、これ大事なんです。思い浮かんでも、思い浮かばなくても、それは別にいいんです。

実は、そこへ足を運ぼうと思ったことが、もう変化の始まりです

 大事なのは、問題があろうがなかろうがヴァイオリンをひきたいか、ひきたくないか……なのですから。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - ヴァイオリニストのためのアレクサンダー・テクニーク覚え書き , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

【腕の脱力トレーニング】生玉子を全力で振り回してみよう〜「持つ・握る」を再構築する方法

(c) .foto project  今回は、生玉子を使った腕の脱力トレーニング …

no image
カナエ先生のWebサイト~アレクサンダーテクニーク教師【先生名鑑】

 ブログにもたびたび登場するカナエ先生。  フルートや歌を専門としてらっしゃるの …

no image
BCプロ・ThinkingBody体験記~「はじめに言葉ありき」という呪縛に気付く

BODYCHANCE東京でのThinkingBodyレッスン。 ビジターとして参 …

no image
「演奏者の仕事って何をすること?」~演奏者は楽譜の奴隷ではない。【レッスン受講記録 2012/12/14 Kanae 目黒】

 アレクサンダーテクニークのレッスンを受けてきましたのでご紹介します。昨夜(20 …

no image
【座る】から考えて自転車が楽になった~バイオリン演奏の【座る】から応用でどんどん楽になっていく!

おはようございます、いちろーです。昨日は自転車で60km(5時間くらい)、一昨日 …

no image
【ゆっくり練習する】ってどういうこと?(拡大・分解に思う)

 「ゆっくり練習しなさい!」……よく言われることです。でも、《ゆっくり練習する》 …

弦楽器奏者に役立つアレクサンダーテクニーク体験学習会(2013年7月・東京)

 人気講師バジルさんを招いてのアレクサンダーテクニーク体験学習会を開催します。参 …

no image
【続報】バジルさんと学ぼう!弦楽器演奏(バイオリン、ヴィオラ、チェロ等)にアレクサンダーテクニークを使って効果を体験してみよう【2013年6月と7月です】

 先日お知らせした「体験学習会」の日程を講師のバジルさんとお話しして決まりました …

no image
「痛みの原因を探るには……」~あなたが本当にやりたいことは何?

 こんにちは、いちろーです。  バイオリニストのためにアレクサンダーテクニークを …

no image
「上手い/ヘタ」という価値観を手放すレッスン

 自分が上手いか、ヘタか。レッスン中には考えたことがありません。  (それって、 …