バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

【バイオリン演奏・超入門】弓を動かす右手のために知っておいて欲しい《弓を弦にどう当てるか》というおはなし

      2013/06/29

バイオリンをひく、いちろーたを下から見上げた写真

 今回は、ヴァイオリン演奏の時に、弓をもって動かす右手のために知っておいて欲しい《弓を弦にどう当てるか》ということについて考えていきます。

 この《ヴァイオリン演奏・超入門》シリーズでは、当たり前すぎて教則本に書かれていないことや、じつは書いてあっても扱いが小さすぎて気づきにくいこと、本当はレッスンで先生が大事だと言っているんだけど生徒さんは大事さに気づかないままでいることが多いことを取りあげていきます。

弓の当て方〜駒からの距離(前編)

 ボウイング(Bow-ing、弓づかい、運弓)を練習するときに、まず気にするといいのは、駒からどのくらい離れたところをこするのか、を考えることです。

駒からの距離、6種類

 駒から近い順に6種類を簡単に説明します。区別するために名前をつけていますが、あまり一般的な呼び方ではないかもしれません。

1. スル・ポンチ・チェロ
《駒の上》をひきます。駒のすぐそばといったほうが分かりやすいかもしれません。あまり使いません。黒板を引っ掻いたような音が出たりするのですよね。出したくもないのにこんな音が出たりすることもあります。あえて使うとしたら、作曲者がわざわざ指定した時くらいです。「するぽん」と呼んだりもします。
2. ハード・ポジション
《駒から2〜5mm》くらい。駒にすごく近いところ。強く、しっかりした音を出したい時に使います。ゆっくりした弓を使う必要があります。速い弓だと「しゃーしゃー」という感じの音になります。
3. ノーマル・ポジション
《駒から1〜3cm》くらい。一番うまくいくところ、というかバイオリンらしい音が出るというか……。まずは、これを身につけることをおすすめします。いつも、弓の先っぽでも根っこの方でもこの距離にいられるようにするということを、最初は目指すと良いです。

「胸あてボウイング」でボウイング・チェック

 ボウイングを観察したい時におすすめなのが「胸当てボウイング」です。左手でヴァイオリンのネックの付け根あたり(ヴァイオリンの肩のあたりでもいいです)を持ち、胸ポケットあたりに構えます。

 そうすると、ボウイングの様子を簡単に観察することができます。これだと鏡がなくてもできますね。

基本は「駒からの距離を一定に保つ」

 基本的な音階練習をするときなどでも、「音がかすれる」「一定した音色・音量が出せない」というときには、駒からどのくらい離れたところをこすっているかを気にしてみましょう。

 次回は、残り3種類の当て方と「駒からの距離を一定に保つには?」ということを考えていこうと思います。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう , , ,

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

弦楽器奏者に役立つアレクサンダーテクニーク体験学習会(2013年7月・東京)

 人気講師バジルさんを招いてのアレクサンダーテクニーク体験学習会を開催します。参 …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~あなたは何のために奏でるのか

バイオリンが大好きなあなた。 あなたは、何のために演奏するのでしょうか。 バイオ …

合奏練習のときに自分に言い聞かせていることを書き出してみました(オーケストラ参加の記録、2013/06/09 シンフォニエッタ・ソリーソ合奏練習)

 いままで数多くの合奏練習を、さまざまな指揮者のもとで、さまざまな楽団のメンバー …

no image
「学ぶ=真似る」巨匠たちの演奏を目で学ぼう~DVD「アート・オブ・ヴァイオリン」

新しいことを学ぼうと思ったら、なにが本物なのかを知る必要があります。その分野での …

カラヤン、メニューインとの語らい《音楽をするものが身につけるべきは何か》

 カラヤンとメニューインの語らい。音楽、指揮を語る。YouTubeで見つけたもの …

「座る」が変わった1ヶ月間の探求~ヴァイオリニストのためのアレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークって何? アレクサンダーテクニークのレッスンでは、参加す …

no image
【遊ぼう!】左手・左腕・フィンガリング(Finger-ing)のこと~ヴァイオリン・テクニック基礎を考える

ヴァイオリン演奏するときのことについて考えました。 前回が右手だったので、今回は …

no image
音色に関する不満を考える~「思った通りの音を出すには?」

 こんにちは。いちろーです。 今回は「思った通りの音が出ない」というこ …

no image
「入門コースは難しいからマスタークラスに入った」~入門こそもっとも奥が深い教えであるということ

 「入門コースは難しすぎてついていけなかった。だから、マスタークラスに入った」… …

no image
【続報】バジルさんと学ぼう!弦楽器演奏(バイオリン、ヴィオラ、チェロ等)にアレクサンダーテクニークを使って効果を体験してみよう【2013年6月と7月です】

 先日お知らせした「体験学習会」の日程を講師のバジルさんとお話しして決まりました …