バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

まな板の上のバイオリン弾き~ロックバンドのレコーディングに参加してきたよ!

   

先日、縁あって、若いロックバンドに招かれてレコーディングに参加してきました。学生時代に、オーケストラでスタジオに入った時以来ではないかなぁ。

今回は、ドラムス・ギター・ベースに、ヴォーカルという編成のバンドへの参加です。バイオリンの他に、チェロもひとり参加してくれました。

録音ブースは、ドラムセットが収まるくらいの広さです。そこへ、バイオリンを持って入ります。僕が座ったら、エンジニアさんからヘッドフォンを渡されました。このヘッドフォンから流れてくる音に合わせて、演奏をするんですね。このヘッドフォンは、別フロアのコントロールルームからの指示なんかも聞えてくるようになってます。マイクの位置合わせが済んだら、エンジニアさんは出ていってしまいました。

まな板の上のバイオリン弾き……

録音ブースのゴツイ防音扉が閉じられてひとり残されました。ぽつーん……。

最初はレベル調整。バイオリンから出る音の大きさにあわせて、あれこれと調整をします。録音のためだけでなく、《ヘッドフォンから流れてくる音》と《自分が演奏してる音》との聞こえ具合を変えるってこともやります。自分の音ばかり聞こえて、バンドの他のパートが聞こえないようだと「本当にこの音量で演奏してていいのかな?」ということが分かりにくくなるのですね。

録音の合間には、ヘッドフォンから、エンジニアさんやバンドメンバーの声が流れこんできます。この建物の構造上、録音ブースに窓はありません。調整室と録音ブースをつなぐのはヘッドフォンとマイクでのやりとりだけ。どんどん、耳が研ぎ澄まされていくのがわかります。ヘッドフォンの向こうに、自分の出す音全てに聞き耳を立てている人がいる……すげー重圧。

ライブとは違った楽しみ~録音という芸術

今回は、アルバム制作でした。自分の音が録音されてCDとして残る、という得体のしれないプレッシャーが高まっていきました。自分の出した音が、マイクを通してパソコンのディスクに収録されていく……。リハーサルと音採りを重ねながら、ちょっとずつ自分がすり減っていくような感覚に陥りました……いったい、なんのためにこんな録音をしているんだろう?

休憩して、打合せをしているときに、バンドメンバーが今回の録音、いま僕が録音している楽曲への思いを打ち明けてくれました。「理想郷は、他のどこでもなく、いまここに、自分のなかにある」――そういう歌なんです、と。

将来、どんな人がこの歌を聞いてくれるんだろうか。いつ、どんなときに、どんな思いをもってこの曲を耳にするんだろう……。いま、このスタジオにいる全員が、《その時》を思いながら僕の音を待ち望んでくれているんだなぁと思ったら、楽しくなってきました。

音そのものを思うだけではなく、誰に届けたいのか、誰と作っているのか……ということを思ったときに音の世界が豊かに広がってあふれ出てくるような思いがしました。いっぽうで、僕個人の技術には多くの課題があることをあらためて自覚しました。もっとうまくなろう!ってことで、また練習しています。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - 音楽の思い出・記録

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
バラ園 お花見コンサート(その2)

先日書いたエントリー[バラ園 お花見コンサート]の続きを書いてみようと、ふと思い …

no image
Ayako Suzuki (2)

Ayako Suzuki のヴァイオリン。 二日目。 ケースを開けると、 すべて …

no image
バラ園 お花見コンサート

しゃけです。 あんさんぶるおとまつのコンサートに行ってきた。 私が若い頃からお世 …

no image
20080421:Vn:ヘ調のロマンス

ヘ調のロマンスを、次のレッスン課題に取り上げることにしました。 楽譜は、実家に眠 …

no image
ベートーヴェンの自筆楽譜がネット公開へ~「南葵音楽文庫」2009年春から

ベートーヴェンの自筆譜や書簡など、世界的に貴重な文化遺産を蒐集している「南葵音楽 …

no image
1時間で何を磨くか、ということ。

昨日、3月16日は思い出深い記念日でもある。 そんな記念日であることを忘れるくら …

no image
2008-0319:メモ:個人練習Vn

夜、一人で練習。自宅にて。 Violinは久しぶりの感触。 函館に行っていた間は …

no image
難解? R.Strauss の オーボエ協奏曲に挑戦中

 こんにちは、いちろーです。 アマチュア・オーケストラ(以下「アマオケ …

no image
ぶっつけ本番☆地力で勝負だぜ~しゃけのバイオリン日記[2006-11-03]

しゃけです。 夜勤明けです。オケの本番もありました。介護仲間の飲み会もありました …

no image
いい演奏は普段の暮らし方から生まれる!?

いい演奏をするためにできること。それは練習だけではありません。むしろ、練習以外の …