バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

プロフィール(このサイトについて)

 いちろーた(@ichiro_) と申します。バイオリン応援団☆いちろーたのブログを書いています。

 バイオリン演奏での悩み事、オモシロイと思ったこと、「これはすごい!みんなにも知ってほしい!」と思ったことを書くようにしています。

音を作るのが好き、人とつながるのが好き。
バイオリンはそのための大切なメッセンジャー。
バイオリンを通して、音楽を通して、勇気と希望を贈りたい!

……という願いから、「バイオリン応援団」の活動をしています。

バイオリンの演奏指導をしています

 特に中高生の未経験からの入門者に対する技術指導を15年以上続けています。

モットーは《悩みは上達のバネに変えられる》

 苦しいときも楽しいときも、やればやるほど元気になってつながりも深めていくために音楽をつづけたい。だから僕自身が出来ることを探して書き続けています。

《ヴァイオリニストに役立つカラダのやさしい使い方》をともに学んでみませんか?

 いま私は、アレクサンダーテクニーク認定教師資格を得るためのコースで専門的に《カラダのやさしい使い方》を学んでいます。そこで学んだこと・気づいたことをお教えしたり、「バイオリン演奏のこんなことが新しく分かりましたよ!」「こんな悩みに役立ちましたよ」ということをお教えすることができます。

出張レッスンはご相談に応じます

「教えて欲しい!」「学んでみたい!」という方はぜひお気軽にお問合せくださいね。

ブログ以外のこと

アレクサンダーテクニーク教師になる

 アレクサンダーテクニーク教師になる勉強をしています。観察眼を磨き、身体構造の現実に即した演奏指導を学ぶために、アレクサンダーテクニーク教師養成課程在籍中(BODYCHANCE東京、2012年〜)

バイオリンの演奏活動

 下記団体からの要請に応じて定期的な活動として参加しています
(オーケストラ)「アンサンブル・フォルツァ・ウーノ」コンサートマスター
(オーケストラ)「シンフォニエッタ・ソリーソ」第2ヴァイオリン首席奏者
 この他に賛助出演の要請があればなるべく応じています。

介護

 現在は実父の在宅介護をしています。訪問介護サービス、介護施設での勤務経験もあります。

取得済み資格

  • 東京都訪問介護員(ホームヘルパー)1級および2級
  • 同難病患者等ホームヘルパー
  • 同精神障害者ホームヘルパー

目標は我が師匠

 目標は……80歳すぎても演奏活動を続けるバイオリンの我が師匠です。

私がバイオリンを続ける理由

 絶望の淵にあっても生きる勇気を蘇らせるチカラが音楽にはあると信じてバイオリンの演奏技術向上に励んでいます。

 バイオリンを弾く転校生の姿に憧れた小学生時代。バイオリンとは無縁な生活を送った中学生時代。自分でも忘れていた憧れでしたが、不思議な縁にふれて高校生になってバイオリンを習い始めることになりました。

 大学生時代には大学のオーケストラに所属し、定期演奏会だけでなく、国賓級のお客様を大学行事・式典に迎えての記念演奏も行っていました。大学の創立者を慕っていらしたお客様に対し、大学の主体者である学生の手で真心込めた歓迎をしようという演奏活動でした。

 社会人となってからの演奏活動は、オーケストラでの人材育成に関わりながら、室内楽・ソロでの演奏も含めて毎年15~25回の本番を重ねてきました。

 プロを目指す若い音楽家に混ざってオーケストラでの演奏をすることもあります。私自身がバイオリンを始めるきっかけとなった高校生のオーケストラでは、トレーナーとして10年近く指導を行ってきました。今は、別の楽団で入門者の指導にあたっています。

その他の関心ごと

  • 自動車…モータースポーツ、レーシングカート、ドライブ
  • 鉄道…配線図、廃線
  • 運動…トライアスロン
  • 読書…図鑑(特に人体・宇宙)、国語辞典、伝記、歴史小説、仕組みを説いた物
  • 教育…ものごとを習得する仕組み

>>いちろーたが「教えるプロになる!」と決断したわけ……

公開日:
最終更新日:2013/06/25