バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

《ひとりでもできるバイオリン練習法》~独習おたすけサイト探訪記(第1回:邪道Violin)

   

 お稽古ごとには先生がつきものです。先生がいうことを受け入れてみる、別の言葉で言うと《自分の思い込みを捨て去っていく》というところに、先生についていく意味があります。そのいっぽうで、《ひとりで何とかする》という気持ちも大切だと僕は思います。成長するのは自分そのものですし、先生が言ってくれたことを受け入れて《自分を変えられる》のは自分だけだからです。

 そこで、《自分ひとりで進む》ときの助けになるWebサイトを、すこしずつ紹介していこうと思います。第1回目はこちらです。

独学ヴァイオリン練習法
25歳でギタリストからヴァイオリニストに転身した筆者が、 独学で得た知識、練習法等を紹介するページです。 新しい楽器を模索中のミュージシャンや、ロックヴァイオリンを弾いてみたいけど、 クラシックや人に …
バイオリンの魅力からバンド参加まで。

 このサイトの目からウロコポイントを見ていきます。

JUGEMテーマ:音楽

キッカケもゴールも人それぞれでいい!

なにが悲しくて今更キラキラなのか!ブルースやりたきゃ3コードからやりゃいい。
prologue 何故ヴァイオリン
は女王なのか
より

 バイオリンをやってみたくなったという、キッカケは人それぞれあるはずなんです。僕の場合は家にあるレコードをかけるのが好きで、小学校の時に転校してきた女の子が弾いてくれたビバルディの協奏曲をカッコイイと思ったことがいまでもココロに残っています。これが興味を持った原点じゃないかとおもうんです。続ける原動力になってる出来事はまた別にあるんですけどもね。

 なにしろ、きっかけなんて人それぞれだし、他人が口出ししても関係ないことです。他人が「なんでバイオリンやってるの?」とたずねるのは、単なる好奇心だと思っておいたほうが自分の身のためです。「邪魔しよう」なんて思ってる人は、そうそういないものです。

行き詰まったときにどうするか…

筆者の場合、ギター弾き時代に培った”耳”(大した耳ではないが)で、自分の音と、 理想とする音とのギャップに、もがき、何年となく歯がゆい思いを味わっていました。
しかしこのギャップがある限り、ヴァイオリニストとしての進歩は続くのだと思います。
step7 ヴァイオリン・忍耐編より

 どんな行き詰まりが待っているかは、わかりません。でも、上達しよう・進歩しようとしている人は自分ひとりだけじゃないんです。必ず、他の誰かも同じように進歩・上達を目指しています。同じような悩みをもっていたけど、解決しちゃった人がいるかも知れません。

 だから、悩んでいることをググってみてもいいでしょうし、バイオリンを練習していることを応援してくれている友達に、胸の内を打ち明けてみてもいいと思います。ブログに記事として書いても良いかもしれないですね。どんな悩みも、必ず後になってみると自分の財産に変わっているものです、僕の経験上ですが。

仲間とつながる勇気を出そう!

結局のところ、元々ヴァイオリニストを募集していないバンドでも、即戦力を求めているバンド でも、勇気をもって門をたたいてみるしかありません。
step8 ヴァイオリン・バンド参加編より

 独学バイオリンでの最大の苦労は「一緒に演奏する人をみつける」ことにあるのかもしれません。バイオリンを演奏する楽しみの1つには、他の楽器・プレーヤーとの合奏というものがあります。この「仲間をみつける」ことがクリアできると、独学であっても楽しみを広げやすくなります。

 演奏仲間の見つけ方にも広がりが出てきました。僕の場合はTwitterをキッカケにして、それまでの人脈とは全く異なる人達と出会って演奏することができるようになりました。昔からある方法としては音楽教室や市民楽団などに所属して発表会に参加したり、催し物への参加をしてみるとか、ボランティアの演奏団体に応募してみるとか、もあります。「バイオリン メンバー募集 (自分の活動したい地域名)」でぐぐってみるのもいいですね。
Link: バイオリン メンバー募集 – Google 検索

最後に…楽しみ方はひとつじゃない

 僕がバイオリンの先生に言われた言葉のひとつをご紹介してこの記事を締めくくりたいと思います。

音楽は目的じゃないんだ。手段なんだよ。
「ああ、面白そうなことをやってるなぁ」って思ってもらうことが一番大事なんだ。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう

Comment

  1. 邪道ヴァイオリン より:

    はじめまして。
    邪道(インチキと読むも可)ヴァイオリンを開設した者でございます。

    検索したところ、紹介していただいていることを知り恐縮しております。

    2000年に開設したサイトですが、
    現在では音楽活動もほぼ隠居に近い状態にあり、
    サイトも亡霊のような状態ですが、サーバーの閉鎖に伴い、
    サイトも終了と思いましたが、ネット社会の片隅でたまに
    閲覧されていると知り、驚きました。

    今後は、釣りがテーマとなりそうですが、
    ヴァイオリンでこんな楽しみ方をした奴がいた、
    という一例として、
    ブログに残そうと決めました。
    現在引越し作業に奮闘中でございます。

    ブログの運営がまだよくわかっておりませんが、
    とりあえず、ヴァイオリンの記事は大体完了しました。
    ありがとうございました。

    http://blogs.yahoo.co.jp/jado_violin

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「何を教わればいいかわからない」~学び始めの一歩の踏み出し方

こんにちは。いちろーです。 私の古くからの知り合いであるI君は、ヴァイオリンが大 …

no image
《「ググれカス!」を試そう》バイオリンをググッてみたよ上位10傑はこんなサイトだった。

《「ググれカス」上等!》というわけで、バイオリンを学ぶために参考になる情報がどれ …

脱・ヴァイオリン初心者~本当の「心技体」

今回は心と体の話。 相撲で、力士が土俵入りする際に化粧まわしをしめますね。 ある …

2013年初レッスン~「分析」というテーマから「見る」ことを再発見した[2013-01-08]

2013年最初のアレクサンダーテクニークのレッスンは、教師養成課程のクラスでした …

no image
ペアで行うボウイング改善エクササイズ~ボウイングが変わる!でも、違う意味で破壊力あります

 《ボウイングがまっすぐできない問題・震えちゃう問題》を解消するために、ちょっと …

no image
「入門コースは難しいからマスタークラスに入った」~入門こそもっとも奥が深い教えであるということ

 「入門コースは難しすぎてついていけなかった。だから、マスタークラスに入った」… …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~上手なピチカート(pizzicato)豊かな響きで鳴らすには

今回はピチカートの話です。(ピチカート、ピツィカート、ピッチカート、ピッツィカー …

no image
「大人から始めるならバイオリンよりチェロ」…本当?なんで?《好きな事をやればいいじゃん》

「バイオリンは、体のできあがってしまった大人には負担が大きいから」などという人が …

no image
「集中できない……」~表現のブロックを外すには?

 こんばんは、いちろーです。 バイオリニストのためになるアレクサンダー …

no image
【祝・記事が紹介された!】バイオリン上達の壁を破る【アホっぽい練習方法も!】

ありがたいことに、僕の記事がヴァイオリン教室のブログで紹介されました!  ひと …