バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

【弦をこする】ために何をすればいいか~バイオリンを鳴らすために必要なボウイングの極意

   

いちろーです。こんにちは。

あらためて、バイオリンを鳴らすために必要なことを考えてみましょう。

それは【弦をこする】ということです。
今回考えるのは、
【弦をこする】ときに、奏者にできることは何か?
です。

音を出すという観点では弦を指でハジく奏法もありますが、今回は、こすることに着目します。※指でハジくピチカート奏法についてはこちら→脱・ヴァイオリン初心者~ピチカートで豊かな響きを生むには?

バイオリンを鳴らすために何が必要でしょうか?
ここで、何故【こすること】に着目するのかを復習しておきます。

もしも「バイオリンの弾き方を教えてください」と言われたら
生徒さんに、何と言いましょうか?
――弾きたい弦に、弓の毛を当てて、こすってください
これで、音が出ます。
これだけです。
他には、いらないんです。
これだけで音は出ます。
音色を探求してゆくならば、こすり具合を検討してゆくことになるでしょう。
しかし、音を出すということを達成するためには
「弦と、弓の毛をくっつけて、こする」
これで必要十分です。
……ここまでのことが、前回の記事でも書いたことです。

弦を弓でこすることが音が出るために必要な労作業であることはわかりました。

では【こする】を実現するために、何が必要なのでしょう。
奏者にできることは何でしょうか?
・弓を弦に向かわせる
・弦を弓に向かわせる
この二つの方向があります。
身体に即して言うと、次のような分担といえるでしょう。
・弓を弦に向かわせる(右腕=弓を操る)
・弦を弓に向かわせる(左腕=楽器を操る)
右腕と左腕の協調作業の結果として【こする】が実現します。
右腕・左腕が自在に動き回るために、
首をはじめとして、脊椎など体全体がはたらいています。
したがって、この全体の協調性を高めていくことが上達の鍵となっていきます。
話題を【こする】ことに戻します。
【弦を弓の毛でこする】と言ったとき、多くの奏者は右腕を思い浮かべます。
忘れられがちなのは左腕です。なぜでしょうか?
それは、左腕は、右腕よりも多彩な役割を担っているからです。
バイオリン演奏における腕の役割を大まかに書きだしてみましょう。
<右腕>
・弓を持つ
・弓を動かす
<左腕>
・楽器を持つ
・フィンガリング(指先で弦を押さえる/離す)
・シフティング(指先を適切な場所に位置づける、ポジション移動)
右腕は、弓を操ることが専門です。
左腕は、楽器を支えるだけでなく、指先の運動をサポートする必要もあります。
楽器のバランスを確保しつつ、指先の自由を確保する必要があるのです。
【弦をこする】ときには、弓から弦に向かってゴリゴリやったなら、
反対方向の力で対抗する必要があります。
弦を弓の毛に向かわせるのです。
つまり、楽器を持ち上げる。
……長々書いてきましたがそういう事なんです。
楽曲の演奏中には、左腕が楽器を支える仕事をしづらくなる状況も頻繁に発生します。
でも、どんな状況であっても通用する基本的なアイデアは
【弦と弓の毛を、くっつける】
……と思ってみてください。
あとはあなたの経験が自動的に【くっつける】ためのことをやってくれます。
お試しアレ。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ヴァイオリニストなら知っておきたい、『木のふしぎと生命の物語』

  僕は知りませんでした。僕のヴァイオリンがどこの森からやってきたのかを。もち …

no image
【ひとりでできる】まっすぐなボウイングのための《3つの簡単エクササイズ》~バイオリン基礎・ボウイング

ひとりでできるまっすぐなボウイング習得のための簡単なエクササイズを3つご紹介しま …

no image
「脱・ヴァイオリン初心者」改め「悩みを考える」~カテゴリー名を変えました

 おはようございます。いちろーです! これまで「脱・ヴァイオリン初心者 …

no image
音を出さない練習を大事にしよう……(本番メモ 2013/06/16 ICU Classic Emsemble)

 先週末、ひとつ演奏会への賛助出演がおわりました。都内の大学オケのOBが集まって …

脱・ヴァイオリン初心者~本当の「心技体」

今回は心と体の話。 相撲で、力士が土俵入りする際に化粧まわしをしめますね。 ある …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~うまくなるために、罠からぬけよう

バイオリン応援団にようこそ! バイオリン応援団はあなたを全力で応援しますよ! 「 …

no image
マロさまのバイオリン教材「パンドラの箱」が気になってリンクを踏んでみたら、やっぱり買いたくなってしまう件

 こんにちは、いちろーたです。 マロさまがバイオリン教材をリリースした …

指番号とソルフェージュ……速いパッセージ、細かい動きのことをどう克服したらよいのか?

 いちろーたです。今週末の本番に向けてバイオリンの練習をしていましたがちょっと中 …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~「キラーチューン」を持とう

「キラー・チューン」 殺しの一曲…。 この曲を聴けば、お客さんが必ず満足する と …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~とにかく弾くこと

上達するためには、とにかく練習。 しゃけ堂書店でもご紹介したように(→朝は人生の …