バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

脱・ヴァイオリン初心者~左手指の【脱力・陥りやすい罠】から抜け出す

   

バイオリンを持ち始めてすぐの頃、左手指はすぐに疲れてしまいます。

「慣れてくれば、疲れなくなるよ」とか
「脱力するんだよ」とか

色々なアドバイスももらうようになります。
でも、知りたいのは「どうやれば慣れられるのか」なんですよ。

脱力とは?~力を適切に作り、用いること

この「脱力」を、きちんと教えてもらったかどうか。

いや、理解したかどうかが、上達を停滞させるか、加速させるかの分かれ道になります。

まず確認しておきたいのが、左手指の役割。

バイオリン演奏において左手指には、二つの働きがあります。

ひとつは
・弦に触れる…いわゆる【弦を押さえる】働き

もうひとつ、わかりますか?

・弦のどこに触れるかを決める…【指の形、音程を決める枠組みを作る】働き

二つの働きと書いたんですが、この2つは指が動くための指令としては本来分けることはできないものです。

ただし、指が弦に働きかける力の方向性を2つに分解して考えることは出来ます。

それが、
・弦に触れて、いわゆる「押さえる」方向の力としての働き
・音程を決めるための「指の形」といわれているものを生み出す働き
といえます。

機能から脱力を考えよう~必要な力を探りあてる

「脱力」の話に戻りましょう。

「脱力」とは、「力を、適切な向き・大きさで使う」ということです。
左手指における脱力。
左手指が持っている2つの役割から考えてみましょう。

役割と脱力をどう意識すればいいか。

・弦に触れて、いわゆる「押さえる」方向の力としての働き
・音程を決めるための「指の形・型枠」といわれているものを生み出す働き

左手がうまく動かせずにいる人、何らかの痛みをかかえている人は、次のように思っていることが多いようです。

「ガッチリ押さえる」
「型はグニャグニャ」

……どうでしょうか?
練習をしていると「指先が痛くなる」という人は、がっちり押さえ過ぎかもしれませんよー。

本来は、
「型はカッチリ」
「フワフワ押さえる」

ただ、これもちょっと語弊がありそうです。

さらに言い換えます。
「狙った通りの場所に最小の労力で触れる」
これを言い聞かせながら、左手指を動かして弦に触れてみましょう。

「指の動かし方」と「指の基本形」は別もの!~動かすための考え方と、動いた結果としての状態

あちこちのバイオリン教室で用いられている教本には

「指の形の基本形」というのがイラスト・写真付きで掲載されています。

あれは、押さえ方の見本ではありません。
【ある音階に沿って4本の指を1本の弦の上においた場合に左手はだいたいこんな感じになる】
というだけのもので、それ以上でもそれ以下でもないです。
どれだけ指を広げるか、くっつけるかという参考に留めるのが良いと思います。

音程と指・腕全体の感触(どこに触れると、どんな音程になるか、どういう思い方をすればその音程を作れるか)を試行錯誤していくわけです。

フワフワと軽く動かして
「押さえる・放す」をパタパタやりながら
着地点(欲しい音程)が安定するように仕向けていけばいいんです。
◆関連しそうな記事

【遊ぼう!】左手・左腕・フィンガリング(Finger-ing)のこと~ヴァイオリン・テクニック基礎を考える

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう

Comment

  1. おとまつ より:

    「脱力」
    難しい問題ですね。
    「脱力できるように頑張ろう」ということが、逆に負担に感じて意欲を失ったという例も過去に見てきました。
    「初めは慣れない筋肉の使い方をするんだから、疲れたり、力を入れたりっていうのは、ふつうなんだから、気にしなくていいよ。」というアドヴァイスが必要な場合もあります。
    私自身がそうでした。
    もっとも、誰かにそう言われたわけではなく、
    自分で「そういうこともあるんじゃないか?」と気づいたというのが真相ですが、
    レッスンや、周りの先輩から「手首が硬い」とか「力みすぎ」とか言われながら練習することに強いストレスを感じていたときに、自分の中にそういう観点をもてたことで、じっくり構えて「脱力」ということに取り組めたものです。
    「脱力」とは、「十分な力がついたから、以前のように全力で押さえたり握ったりしなくてもよくなった。」という現象でもあると思うんですよ。
    ・力を抜く工夫をする
    ・十分な力を身につける
    両方のアプローチが必要だというのが私の実感です。

  2. しゃけ より:

    >「初めは慣れない筋肉の使い方をするんだから、疲れたり、力を入れたりっていうのは、ふつうなんだから、気にしなくていいよ。」
    なるほど!
    たしかに、ぼくの実感も同じような軌跡をたどっている気がします。
    適切なトレーニングによって、筋力向上と身体操作の熟練がなされるのでしょうね。
    「疲れ」や「痛み」のケア、フォローアップが問題になってくるのかな。

  3. RM より:

    今日になってこの記事に気づきました。
    私のために書いてくださったの?と思うような記事でした。
    大人の初心者の私は、手首(腕も肘も)が固く、親指で支えないと、小指が届かない。
    バイオリンと平行に向かないのです。
    脱力すると、元の形に戻ってしまいます。
    ヨガでもして体を柔らかくする以外、方法はないのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
脱・ヴァイオリン初心者~いちばん大切なもの

バイオリン応援団にようこそ! バイオリン応援団はあなたを全力で応援しますよ! 「 …

脱・ヴァイオリン初心者~発音できない音は、聞き分けられない

英語教育の現場でいわれていることがあります。 それは、 「発音できない音は、聞き …

2013年初レッスン~「分析」というテーマから「見る」ことを再発見した[2013-01-08]

2013年最初のアレクサンダーテクニークのレッスンは、教師養成課程のクラスでした …

楽譜への書き込み~《削らない・折れない・よく消える》プラチナ万年筆・プレスマン0.9がほんのりいい感じ

 以前、楽譜への書き込みが鉛筆で行われるのが何でなの?ってなことを記事 …

no image
【混沌を鎮める】あれこれ試してワケが分からなくなってしまった時でも、自分の全部を活かして演奏する方法あります

 レッスンを重ねて探求を深めていくうちに、膨大な学びが積み重なってきます。実際の …

no image
《「ググれカス!」を試そう》バイオリンをググッてみたよ上位10傑はこんなサイトだった。

《「ググれカス」上等!》というわけで、バイオリンを学ぶために参考になる情報がどれ …

no image
冷え性が治る?!~手を生まれ変わらせる魔法

 足は冷えまくるのに、手はいつも温かいいちろーた(@ichiro_)です。  冬 …

no image
自分のクセを見つけるには?~観察するときのコツ【アレクサンダーテクニーク教師課程に学ぶ】

 僕には「特に問題はない」「深刻な悩みはない」と思っている時があります。皆さんは …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~どうしても手に入れておきたい1冊はコレ!

ヴァイオリン大好きですか~~~!? 僕は大好きです! 40歳になる前に、ひとつは …

no image
【速報】《弦楽器奏者のためのカラダの使い方講座》的おすすめ教材5冊+2冊

 姉妹サイトezPlayStrings.com 弦楽器奏者のためのカラダの使い方 …