バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

バイタルダンスのワークショップに参加してきました!

   

「バイタルダンスのワークショップに来てみませんか?」
と、ヨガクラスで出会ったHiromiさんからお誘いを受けて、行ってきましたバイタルダンス!

ボクにとっては、童心に帰る方法が一つ増えた、素敵な体験でした!

これから興味をもって参加してみようか迷っている人のために、ボクなりの感想(体験記?)を書いておきます。

といっても、この記事は全然参考にならないかもーヽ(^。^)ノ

なにしろ、ボクはHiromiさんからお誘いを受けて0.5秒で「行きます!」って返事しちゃったんで。

なんで0.5秒で参加を即決したか?

 「何をするのか想像がつかないから!」参加の動機は、この一言に尽きます。想像できることなら、自分でもやれます。でも、想像できないことは、実際に体験させてもらっちゃえばいい。そう思って反射的に、参加のお返事をしました。

 なんだかわからないながらも、「バイタルダンス」という名前から、元気になるために集まるに違いないということだけを理解したのは確かです。これ、すごく重要だったかも。

 ちなみに、誘ってくれたHiromiさんはヨガの先生をしてます。僕が学んでいるアレクサンダーテクニークの教室で出会ったのですが「ヨガでどうやって指導すると、よりよい学びを提供できるのか」ということを学びに来ていらしたのです。何度かお会いしているうちに「いちろーさん、見るたびにヨガの取り組み方がどんどん進化してる。すごい、どうして〜?!」「特別なことなんかしてませんよ〜」なんていう会話をしているうちにお友だちになったのでした。信頼の置ける人からの誘いだったのも参加を強烈にあと押ししてくれました。

そもそも、バイタルダンスって?

 参加前日。「バイタルダンスって、なにをやるんだ?」と疑問がわいてきます。

 Hiromiさんからのメッセージを読み返しました。

もしかしたらヨガ以上に、これまでにないカルチャーショックな2時間になるかもしれません。本当に大丈夫ですか?

参加即決したボクを気遣う内容でした。「カルチャーショックな2時間」って……。

 気になったのでぐぐってみると、Facebookページがトップでヒットします。そこにはこんな説明があります。

VitalDanza (バイタルダンス)は創始者パトリシア・マルテーロの30年に渡るダンス・セラピーの経験から生まれた「人生を豊かにするダンス」です。

……わからん!笑

参加した今となっては、この表現で「なるほど、そうだよね」と思えるのですが、参加する前にこれだけ読んでも、なんだかさっぱりわかりません。

もうひとつググると……。

エクササイズの中での表現は、あなたの内側から自然と湧き起こる動きそのものです。
ダンスのスキルは必要はなく、動きや踊りに対しての評価もありません。
また、ワーク中は会話をせず、他の参加者やグループと言葉以外のコミュニケーション方法で交流します。
Vital Development Japan / Vital Developmentとは

会話をしない!?

動くってことは、身振り手振りっていうことかな?

ソロで踊らされる?
それともグループで踊るのか?

謎は謎のまま、ともかく、「圧倒的に女性が多いのだな」「でも男性も来るらしい」ということだけは把握したのでした。

何を着ていけばイイ?

 さて、参加の前日に「どんな服装で行けばいいのかな?」と思って改めてググってみました。ダンスやヨガのスクールとかで見るようなカラフルな衣装を身につけた上機嫌な表情の女性たちが手をつないで踊っている写真……。なるほど、服装は動きやすければ自分の好きな格好でよさそう。別に裸になるわけじゃないみたい……ひと安心(^o^;)

 スポーツするためっぽいドライ素材のポロシャツやハーフパンツを用意して、温度調節ができるようにパーカーなどを持って行くことにしました。結果的には、激しく汗をかいたので、この選択は正解。でも、タオルを忘れたのは失敗でした。次からはタオルを持って行きますよ!



何を得たか……

 具体的に何をしたか、何を得たかは、なかなか言葉になりません。

 一晩たって思い出してみると、言葉を使わずにいた事の意味が迫ってきます。

言葉をなぜ使うのか

言葉以外の方法を使うとしたら何ができるのか

ふだん、言葉を使っているけど、そのときに、自分の全部のうちどれくらいを言葉に託そうとしていたかな〜っと、考えさせられました。

 「童心に帰る」ってこういう感じだよなと思ったけれど、もっと深い自分との対話があったようにも思うのです。もともと持って生まれた創造力・コミュニケーションの本能を、日常のなかで封じ込めてしまっていたものを思い出して解放するっていう感じに近かったです。他者との触れ合い……互いの姿を見る、手をとる、いっしょになって踊るなど……を通して、自分が生きている実感・生かされている実感というものが鮮やかに蘇ってきました。

 家に帰ってから、バイオリンを弾きたくなって、しばらく夢中になってひいてました。ここ最近にない、演奏する面白さを再発見しちゃいました。

 というわけで、機会をみつけて、また参加しようと思っています。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - 日々徒然に…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『最後の授業』を読みはじめました。

「夢を見ることができれば、 やり遂げることができる」 ~ウォルト・ディズニー 配 …

no image
ハイパー マンダラ日記

ハイパーマンダラ日記をみつけた。ハイパーまんだら日記という表記もちらほら見られる …

no image
独身男の意外なペット?!

こんばんは。突然ですが「男の一人暮らしに意外なペット」…といえばなんでしょう? …

鏡もち
大切な年賀状

今日はくもり 寒いですね。雨が降らなくてよかった。 僕は東京に住んでいるんですけ …

「プロ・ブロガーになってみない?」

この本「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メデ …

no image
2008-0202-01 センセイに学ぶ

真の成長は臆病を打ち破り、困難を乗り越えたところにある。だから、友が苦境に直面し …

no image
ホンダ、クロスロード発表。

しゃけです。 ホンダから、クロスロードというクルマが発表になっています。 ぱっと …

no image
親子で楽しめるコンサート情報~プロムナードコンサート Vol.166 ~二期会マミーシンガーズが贈る世界の名曲~ – 東京都府中市の音楽イベント – Yahoo!地域情報

「子連れで行けるコンサートってなかなかないのよ」と 以前聞いたんです。 子育て中 …

no image
連休中なんだけどなぁ。

しゃけです。 こないだの土曜に夜勤が明けてから、休みが続いております。仕事は。 …

no image
【観劇】「手で触れられるくらいの鈍い空と 遠くに聴こえる潮音を哀しみが示すのならば かもめの眼ざしが飛びつかれてしまうまで 海が泣きだすなんて知らなかったんだ」を見てきた(2016-02-26、日暮里D倉庫、 IDIOT SAVANT theater company)

2/26夜の回を鑑賞することができました。 観客席も含めて劇場全体がどんな反応を …