バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

【ヴァイオリン演奏・超入門】ボウイング基礎・まとめ(スルポンチチェロからスルタストまで)〜《位置と角度》を使い分けて表現力をアップしよう

   

公園でバイオリンを演奏するいちろーたの写真

 今回は、ヴァイオリン演奏をするときの弓の当て方の仕上げ編《位置と角度》の話です。前回までに駒からの距離を使い分けるための話をしてきました。今回は、その続きとまとめです。

 この《ヴァイオリン演奏・超入門》シリーズでは、プロ演奏家にとってはあまりにも当たり前すぎて市販の教則本には書いていないようなことや、じつは書いてあっても読んだ人がその大事さに気づかないようなことを取りあげています。

弓の当て方〜駒からの距離(後編)

 ボウイング(Bow-ing、弓づかい、運弓)を練習するときに、まず気にするといいのは、駒からどのくらい離れたところをこするのか、を考えることです。

【バイオリン演奏・超入門】弓を動かす右手のために知っておいて欲しい《弓を弦にどう当てるか》というおはなし | 【バイオリン応援団】いちろーたのブログ
1. スル・ポンチ・チェロ 2. ハード・ポジション 3. ノーマル・ポジション …
駒からの距離(前回の3つ)

駒からの距離、残り3つ

 6種類のうち、前回説明しきれなかった3つを説明します。区別するために名前をつけていますが、あまり一般的な呼び方ではないかもしれません。

4. ソフト・ポジション
《駒から3〜4cm》くらい。弓の毛が弦に触れる量を減らすために、弓毛の駒寄り半分を浮かせるようにして弓身を指板側に45度くらい倒す(弦から弓身の立ち上がる角度が45度)。
5. ピアノ・ポジション
《駒から4〜5cm》くらい。弓身を指板側に60度くらい倒す(弦から弓身の立ち上がる角度が30度)。
6. スル・タスト
《指板の上》をひく。弓身を指板側に70度くらい倒す(弦から弓身の立ち上がる角度が20度)。

弓の当て方を考えよう

弓の角度と位置、その特性

 弓の角度と位置によって、どのような音が出るかが決まります。この使い分けを意識的に行うことが、上達の早道です。なかなかうまくいかないときは、この《角度と位置》を見直せば、ほとんどの場合解決します。

弓の角度
ここでいう《弓の角度》とは、《弓身の立たせ具合・寝かせ具合》=《弓毛と弦の密着率》です。
弓の位置
ここでいう《弓の位置》とは、《駒からどの程度離れたところをこするか》ということです。

当て方の参考メモ

  • 駒の近くは張力が強いので、弓身を立て、ゆっくりと奏することが出来る。フォルテの音を出しやすい(ただし、早く奏するとシャーシャーした音になる)
  • 駒から離れるほど、ソフトな音が出やすくなる。
  • 弓身が立っていると、弓毛が弦に全部密着するので強い音が出る。弓身をかたむけるほど、毛が弦に当たる部分が少なくなる(ピアノの音、ソフトな音が出し易い)
  • 元弓
    フォルテを出しやすい
    中弓
    弾力が適度にあって跳びやすい
    先弓
    張りが強いので、軽いスタッカートが良くできる

駒からの距離が一定にならないときは?

 さて、ここまで紹介してきた6種類の《駒からの距離》を意識的に使いわけるためには、駒からの距離を一定に保つ必要があります。どうしたらよいのでしょうか?

駒と弓の角度が、変化を生む

 駒と弓との距離が一定しなくて困るときには、Up/Down時の駒に対する弓の角度を操ってみましょう。

【バイオリン演奏・超入門】弓を狙い通りに走らせるために知っておいて欲しい《弓と弦の角度》のこと | 【バイオリン応援団】いちろーたのブログ
ヴァイオリンの一番おいしい音を簡単に取り出せる《駒から2センチ》をやりつづけるために、どうしたらよいのでしょうか。  それは《弓の毛を弦と直角に交差させよう》と考えるといいです。 …
弓を迷走させてみる実験!?

ボウイング基礎まとめ

 ボウイングの「位置」によって、「音色」や「音量」が簡単に使い分けられます。初歩の段階で、この使い分けをマスターすることが、表現力の基礎となっていきます。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

メニューインによるヴァイオリンのための6つのレッスン(1-準備編…心構えと左手の運動の3つの方向性)〜第1回

 前に書いた記事『【速報】《弦楽器奏者のためのカラダの使い方講座》的おすすめ教材 …

no image
【楽器の掃除をしよう】~大掃除シーズン到来☆らくちんお掃除のコツ

 こんにちは、いちろーです! 日課にしている自宅の掃除を済ませて、この …

こするために移弦する!!!(弦楽器奏者の勘違い「丁寧な移弦」は本末転倒です!)

 モーツァルトのディヴェルティメントK.136 第1楽章をおさらいしています。 …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~初めの一歩のその前に……チューニングの練習をするには

バイオリン応援団にようこそ! バイオリン応援団はあなたを全力で応援しますよ! 「 …

「楽譜を見るから指揮者を見られない!」~見るのは誰の仕事?

 いちろーです。 「楽譜を見るから指揮者を見られない!」ということにつ …

【弓の持ち方・その2】~手のひらが動ける?!だったら、どうすればいいのさ?

 全3回シリーズでお届けする【弓の持ち方・超入門】です。今回は第2回目です。  …

no image
【弦楽器奏者のためのアレクサンダーテクニーク体験学習会】専用・お問合せフォーム(申込はこちら)

 こちらは、アレクサンダーテクニーク体験学習会の参加申込み・お問合せ用メールフォ …

no image
【ゆっくり練習する】ってどういうこと?(拡大・分解に思う)

 「ゆっくり練習しなさい!」……よく言われることです。でも、《ゆっくり練習する》 …

no image
上達する秘術~「天のプラタナス」に学ぶ

上達する秘術、あるんです。 上達しようと思ったら、いますぐ取り組むこと。 自分に …

no image
《「ググれカス!」を試そう》バイオリンをググッてみたよ上位10傑はこんなサイトだった。

《「ググれカス」上等!》というわけで、バイオリンを学ぶために参考になる情報がどれ …