バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

【バイオリン演奏・超入門】右手が弓を持ったあとに知ってほしい《弓の動きと音のつながり》のこと〜やりたいように音楽するために

      2013/09/06

公園のベンチに腰掛けて、バイオリンを弾くいちろーたの写真

 今回は、ヴァイオリン演奏を学ぶ人が誰でも教わる《弓の動きと音のつながり》について、改めて考えてみます。

 この《ヴァイオリン演奏・超入門》シリーズでは当たり前すぎて教則本に書かれていないことや、じつは書いてあっても扱いが小さすぎて気づきにくいこと、「こんなに大事なんだから、もっとみんな情報発信しようよ!情報をシェアしようよ」ということを取りあげていきます。

弓の動きと音のあたりまえなこと

 ヴァイオリンを演奏するときの話ですが、弓を動かしている間は音が出ます――いいえ、もっと正確に書きましょう……弓の毛が弦とこすれあっている間は音が出ます――音を出すために弓を動かしているのだから当たり前ですよね。動きを止めると音も止まります。ものすごく当たり前のことを書いていますが、そのように考えながら演奏していますか?

やりたいことをやるのが音楽

 音楽は「やりたいことがあるから音を出す」という活動なのです。これ、見落としがちですが大事なことだと思いませんか?

 何を言いたいかというと、ヴァイオリンを演奏するとき「出したい音のために、弓を動かす」ということをやってみて欲しいのです。

ヴァイオリンから音を取り出すための工夫

 ヴァイオリンから音を取り出すときに、まず気をつけてみて欲しいのが、音の長さのことです。そして、音の長さと弓を動かす長さを同じように思ってみるのが基本中の基本です。

 長い音をひくときは長く弓を使う。短い音をひくときは、短く弓を使う。音符で書かれている長さに応じて、弓を配分していくのが基本的なやりかたです。

 もちろん、長い音をひくために短く弓を使ってもいいですし、短い音をひくために長く弓を使ってもいいのです。そうすることで表現を豊かにすることができます。

 ただ、基本的な練習をしようというときなどは、特に「長い音は弓を長く、短い音は弓を短く」ということを思い浮かべながら演奏することをおすすめします

例えば……

 1つのスラーに4つの同じ長さの音を含めて演奏するなら、弓の長さを4等分して使うようにします。小学校で教わる割り算が役立ちますね。

そもそもボウイングって何だろう?

 ボウイング(Bow-ing、弓づかい、運弓)とは、いったい何をすることでしょうか?考えてみたことはありますか?

 ボウイングとは、ヴァイオリンから音を取り出すために、弓の毛とヴァイオリンの弦をこすり合わせるために、弓を動かすことです。

 ヴァイオリンの演奏がうまくいっていないなぁ、というときには、このボウイングの根本的なことを思い出しながら、自分がどのように弓の毛と弦の関係を作ろうとしているかを見なおしていくと、案外うまくいくかもしれませんよ。私はいつもそうしながら自身の演奏や指導に取り組んでいます。おすすめです。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
左手指の鍛えかた~「独立性」と「ひろがり」を獲得する。

 左手指を鍛えるために、エチュードに取り組んでいます。「独立性」「ひろ …

no image
ペアで行うボウイング改善エクササイズ~ボウイングが変わる!でも、違う意味で破壊力あります

 《ボウイングがまっすぐできない問題・震えちゃう問題》を解消するために、ちょっと …

ハイフェッツのマスタークラスを見てみよう【YouTube】〜英語音声・中国語字幕をスッキリと理解するコツ

 ハイフェッツのマスタークラスの様子を収めた動画をYouTubeで見ることができ …

no image
【過去記事から考える】右手・右腕・ボウイング(Bow-ing)~ヴァイオリン・テクニックの基礎

 過去記事の中から、ヴァイオリン・テクニックに関するものをまとめました …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~上手なピチカート(pizzicato)豊かな響きで鳴らすには

今回はピチカートの話です。(ピチカート、ピツィカート、ピッチカート、ピッツィカー …

超・脱力☆ヴァイオリンの構え方〜ジェレミーとのレッスンから(2013/05/31 BodyChance目黒)

 超脱力できるヴァイオリンの構え方をレッスンしてもらいました!  いま理解してい …

no image
【レベルの低いレッスン】そんなことってあるかな?〜自分の浅はかさを思い知った

 ある指揮のレッスン。その様子の断片を一瞥して「教える側も、生徒の側もレベルが低 …

メニューインによるヴァイオリンのための6つのレッスン(3-左手の準備編…ヴァイオリンを持つときの大きな混乱をほぐす)〜第3回

 以前の記事『【速報】《弦楽器奏者のためのカラダの使い方講座》的おすすめ教材5冊 …

【思考の毒抜き・実践編】コンサートマスターの悩み〜チューニング

 コンサートマスターをしていれば、プロアマ問わず、つきものの悩みがあることと思い …

【バイオリン演奏・超入門】左手指の基本パターン4つを学ぼう〜誰も教則本に書かなかった《指と指板の関係をつくるために必要なこと》

 今回は、バイオリン演奏をはじめたばかりの人が、最初に混乱しやすい「左手指のかた …