バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

音を出さない練習を大事にしよう……(本番メモ 2013/06/16 ICU Classic Emsemble)

   

 先週末、ひとつ演奏会への賛助出演がおわりました。都内の大学オケのOBが集まって作ったオーケストラです。今回が第10回という節目となる演奏会は、「プラハ」(というか「チェコ」かな?)に焦点を当てたプログラミングでした。

 曲目は、スメタナの「わが祖国」から《シャールカ》、モーツァルトの交響曲第38番「プラハ」、ドヴォルザークの交響曲第6番でした。演奏会が終わってみて、なんとなく心に残ったことを書いてみようと思います。

プラハ……!?

 なんでプラハ?なんでチェコ?と思うわけですが

交響曲第38番 (モーツァルト) – Wikipedia
1786年12月、プラハでのオペラ『フィガロの結婚』の上演が大成功を収めたことにより、モーツァルトはプラハから招待を受けた。1787年1月22日、モーツァルトはプラハで自ら『フィガロの結婚』を指揮した …
なんでこの曲が「プラハ」と呼ばれるのか

ベドルジハ・スメタナ – Wikipedia
ベドジフ・スメタナ(またはベドルジハ・- / ベトルジヒ・-、チェコ語: Bedřich Smetana [ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana]  発音(ヘルプ / リンク)、1824年3月2日 – …
スメタナといえば《モルダウ》しか知らないくらいに……

アントニン・ドヴォルザーク – Wikipedia
ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。ベドルジハ・スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。 …
ドヴォルザークといえば《新世界より》だけども。

作曲家メモ

スメタナ
チェコ出身。耳が聞こえなくなった。国内、国外で評価に差があるらしい。
モーツァルト
呼ばれてチェコに行ったことがある。交響曲38番が「プラハ」と呼ばれてるのは、初演の地だから?
ドヴォルザーク
チェコ出身。国外ではスメタナよりも知名度あって人気もあるらしい。鉄ヲタ。

スコアは要らない?練習のしかたを間違えた!?

 演奏会の1ヶ月ちょっと前に依頼を受けて、おさらい開始。今回は練習参加が3回しかできないことがわかっていたので、指揮者やコンマスさんに同調していくためにどうしたらよいかを念頭においていました。

 最初に考えたのは……自分ではスコアを読まないと決めてみたんです。結果的には大失敗だったと思います。私自身がソルフェージュを苦手にしてることを補うために、CDとパート譜を主な材料にして、音をとっていこうとしていました。スコアを読み込むことは、指揮者や団員さんが合奏でどうやろうとしているかを感じ取ればいいだろうと思っていたからです。

 スコアを読まないことで、何が起きたかというと、「音楽の行き先」が他人任せになりがちでした。現場で指揮者の指揮によって、大きく助けていただきました。それによって楽曲への理解を深めることになりました。

 というわけで、スコアは読む価値がある。ということを再認識しました。コンチェルトをさらう時でも、伴奏譜(ピアノでもオケでも)を読むのは必要だと教わることでしょうし。

音を出さずにする練習をうまく使う

 練習は大きく分けると2つのレベルがあります。作りたい音を思い浮かべることと、思った音を実際に音として創りだすことです。

 このふたつの種類の練習を、うまく配分すると満足のいく演奏ができやすくなります。

 「うまくひけない」ときには、楽譜を読んで音が思い浮かぶかどうかをチェックすることもやって見るといいのですね。自分で普段から思っているのに、自分で思っているとおりにやっていないことが多くて愕然とします。また、来月にも本番があるので、それに向かって、あれこれ試してみます。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう, 音楽の思い出・記録 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

来週本番!「音楽と物語を楽しもう」9月29日(日)午後1時30分から。大田区多摩川図書館多目的室にて(オーケストラの生演奏と朗読コラボなライブ!!!)

2013年9月29日の午後なんですが、音楽集団「三頭の象」の本番に参加します。 …

no image
バイロイト音楽祭の総監督、8月末までに引退 – 文化・芸能

夕刊より。 asahi.com:バイロイト音楽祭の総監督、8月末までに引退 &# …

no image
師匠の教室発表会を見てきました

いちろーたです。 毎年、この時期になると師匠のバイオリン教室の発表会があります。 …

脱・ヴァイオリン初心者~発音できない音は、聞き分けられない

英語教育の現場でいわれていることがあります。 それは、 「発音できない音は、聞き …

弦分奏・指導の記録(2013/06/09 東京都内、シンフォニエッタ・ソリーソ)

 いま参加しているアマチュアオーケストラで、弦楽分奏を指導する機会をいただきまし …

no image
2008-0102:Vn.&amp;Pf.:新年会(ホームコンサート)

お隣のKさんからお誘いをいただき、夕ご飯をごちそうになってきた。 新年早々にお邪 …

no image
S.イッサーリス シューマン・プロジェクトより「室内楽コンサート」

しゃけです。今日は疲れてます。 二日続けて横浜に行ってきたですよ。 昨日は、県民 …

no image
ペアで行うボウイング改善エクササイズ~ボウイングが変わる!でも、違う意味で破壊力あります

 《ボウイングがまっすぐできない問題・震えちゃう問題》を解消するために、ちょっと …

no image
ベートーヴェンの自筆楽譜がネット公開へ~「南葵音楽文庫」2009年春から

ベートーヴェンの自筆譜や書簡など、世界的に貴重な文化遺産を蒐集している「南葵音楽 …

トークを磨こう!~人の心を虜にする“つかみ”の大研究

バイオリン応援団へようこそ! →好評連載企画「脱・ヴァイオリン初心者」シリーズを …