バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

メニューインによるヴァイオリンのための6つのレッスン(4-弓の動き…指や関節の主要な運動を知ること)〜第4回

      2013/05/28

 私はいま、アレクサンダーテクニークの勉強をしているのですが、ヴァイオリン演奏におけるカラダの使い方を改善する働きがあることにびっくりしています。20年以上前に出会った書籍『メニューイン/ヴァイオリン奏法』は難解なもので理解に苦しんできましたが、アレクサンダーテクニークを自分の演奏や日常生活に組み入れるようになって、この難解なメニューインの著書を解説してみようと思うにいたりました。

 もともとこの著作は、ビデオによる6つのレッスン・シリーズのテキストとして書かれたものです。(ここでも書きました→メニューインのヴァイオリン奏法についての記事

 第4回目となる今回は「レッスン4 弓の動き」についての解説です。

主要な体の動きを知る大切さ

ヴァイオリン奏法は、体の動きの調和を必要とする

 「レッスン4 弓の動き」の冒頭、メニューインは次のように述べています。

 指や関節の動きの無数の変化を、そのおそるべき複雑さにわたって詳細に記述することは不可能であるし、その必要もない。それらは、実際にヴァイオリンをひいているうちに無数の応用運動を通じて習得していくことができるのだから、そのうちの主要な運動さえよく知っておけば十分だとわたくしは思う。
メニューイン/ヴァイオリン奏法

「弓の動き」は学ぶことがいっぱい!

 学ぶことがどれだけ多いかを、『メニューイン/ヴァイオリン奏法』のページ配分で見てみましょう。

 レッスン1〜6で合計124ページあります。内訳は次のとおりです。

  1. レッスン1 一般的準備練習……15ページ
  2. レッスン2 準備練習(右手)……19ページ
  3. レッスン3 準備練習(左手)……19ページ
  4. レッスン4 弓の動き……39ページ
  5. レッスン5 左手の動き……18ページ
  6. レッスン6 両手いっしょの動き……14ページ

もっとも多くのページが割かれているのが「弓の動き」です。あまりにも難解なので、小見出しをもとに簡単な目次を作ってみました。

弓を動かすための基本的な概念

基本ストロークの3つの動き
始動、維持、弓の変わりめ
基本ストロークの練習6つ
弓の動かし方と、カラダの動かし方の結びつきを確かめるための工夫が込められています。動かすために、どこにどれだけの力を込めると良いのかを試していく練習です。
運弓に重量をのせる
弓に重さをかけるための練習。弓に腕の重量をのせるために、指や肘の力の使い方の混乱を解きほぐしていく練習です。
身体の同調的な動き
弓を動かすときの、左右の腕の動きと、胴体の動きの関係性に気づくための練習です。
弦の移行のさいの、腕、手、指の役割り
弓をなめらかに動かすために、腕の関節たちを、どう連動させればいいのかを理解するための練習です。それぞれの関節が弓の動きに与える影響力を確かめる練習ともいえます。

 惜しむらくは、この「レッスン4」の動画は不完全版なんです。動画の全てを手に入れたらお知らせします。

弓の動きの系統学

 演奏で用いる弓の動きは、次のように分類することができます。無計画に訓練するよりも、これらの観点を持って、それぞれについて抜け目なく、少しずつ使い方を覚えていくとよいでしょう。

  • スラー、移弦
  • アクセント
  • 弓と弦を離す
  • 長・短のストローク(保持するか、断続的か)
  • 弓と弦の衝撃の調整

 それぞれの項目についての詳しい解説は、また次の機会に行っていきます。また、スタッカート・スピッカート・リコシェなどの弓の技術についても順を追って練習方法が紹介されていますので、これらも順に紹介していきます。ご期待ください。

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう, ヴァイオリニストのためのアレクサンダー・テクニーク覚え書き , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

合奏練習のときに自分に言い聞かせていることを書き出してみました(オーケストラ参加の記録、2013/06/09 シンフォニエッタ・ソリーソ合奏練習)

 いままで数多くの合奏練習を、さまざまな指揮者のもとで、さまざまな楽団のメンバー …

Violinにも効くアレクサンダーテクニーク【動画紹介】吹奏楽×アレクサンダーテクニーク グループレッスンはこんな感じなのだ

ヴァイオリン奏者にもアレクサーンダーテクニークが役立ちます。 言葉だけで紹介する …

no image
脱・ヴァイオリン初心者~左手のこと(まだまだ考え中)

ヴァイオリン演奏で、よく言われることがあります 難しいのは右手だ ボウイングは一 …

【YouTube動画】五嶋みどり、タングルウッドの奇跡~2度も弦が切れた!

 五嶋みどりさん14歳のとき。 タングルウッド音楽祭での出来事。 バー …

no image
練習したくなる方法~「練習したくない!」そんな時どうする?

練習したくない! 練習する気が起きない! バイオリンを弾きたくならない! でも、 …

no image
【バイオリン演奏を教えること】の探求への戸惑い…

 今日のユカさんのグループレッスンで「いちろーさん、レッスンのアクティビティで …

ハイフェッツのマスタークラスを見てみよう【YouTube】〜英語音声・中国語字幕をスッキリと理解するコツ

 ハイフェッツのマスタークラスの様子を収めた動画をYouTubeで見ることができ …

「弦をこすれ!こすったれ!!」~楽器演奏で迷ったらシンプルな発想に帰ろう

 こんばんは、いちろーです。 今日のレッスンでの発見(体験)を、早速お …

脱・ヴァイオリン初心者~発音できない音は、聞き分けられない

英語教育の現場でいわれていることがあります。 それは、 「発音できない音は、聞き …

楽譜の見え方が変わった!~指揮を見るときも気をつけたいこと。

前の記事で、2013年初めてのレッスンでのことを書きました。 2013年初レッス …