バイオリン応援団*いちろーたのブログ

弦楽器奏者に役立つカラダのやさしい使い方をレッスンしています【自然な動きで弦楽器演奏を極める】がモットー。音楽活動のこぼれ話、Mac・iPhone、食べ物のこと書いてます。

*

メニューインによるヴァイオリンのための6つのレッスン(2-右手の準備編…弓と指との関係性という基本原理の学び方)〜第2回

      2013/05/28

 以前の記事『【速報】《弦楽器奏者のためのカラダの使い方講座》的おすすめ教材5冊+2冊』で紹介した『メニューイン/ヴァイオリン奏法』という書籍の解説を試みます。

 もともとこの著作は、ビデオによる6つのレッスン・シリーズのテキストとして書かれたものです。(ここでも書きました→メニューインのヴァイオリン奏法についての記事

 第2回目となる今回は「レッスン2 右手の準備編」についての解説です。

弓との関係性を身につける

 レッスン2の冒頭でメニューインは弓に見立てた一本の棒を手に取りこう言います……この棒を使って学ぶのは……弓への指の置き方、バランスといった基本原理である……と。

 動画を見続けてゆくと、あるいは、テキスト『メニューイン/ヴァイオリン奏法』を読み進めると、弓の持ち方を学習するための体操のような練習方法が紹介されていきます。

 これらの《体操》はいずれも有名なものです。しかし、ヴァイオリン教師は注意深く指導にあたる必要があります。「なんのために、この《体操》を用いるのか?」「何が達成される事を狙って、この《体操》を選択するのか。他の方法ではだめなのか?」ということを教師たる自分に向けて常に問う必要があると思います。

体操の狙い・その1【脳トレ】

 こうした《体操》の最大の目的は脳トレです。新しい道具を手にしたときに、脳では『こいつ、どんなヤツなんだ?』と試行錯誤が始まります。手にとって、触って眺めているだけでも、脳トレが始まっています。肌触りや重さ・長さからどう動かせそうなのか仮想デモが何パターンも作成されます。

 そして、実際に動かすことで、仮想デモと食い違っていたことをどんどん補正していきます。これは、どんな練習でも同じことなのですが、とくに初歩の段階では脳内での計算が激しく行われます。自転車や竹馬に初挑戦しているのと同じチャレンジが行われているのです。

体操の狙い・その2【動きの成分を学ぶ】

 これも脳トレと言えるかも知れません。ヴァイオリン演奏を可能にする弓の《動き》をいくつかに分解して練習することで、実際には複雑な運動を、単純化して学習することを目指します。

 ヴァイオリンの演奏を可能にする弓の運動とは、どのような弓の運動であるのか。弓がどう動くと弦をこすることが可能になるのか、ということをいくつかの段階に分けて訓練していきます。実際に弓(棒)を動かしながら、体得していくという意味ではこれも脳トレの1つといえるでしょう。

 特に初歩の段階では、静止したときの形・姿にこだわるのではなく、身体を動かすことと弓(棒)の動きがどのように結びついているのかを実験するようなつもりで取り組むことをオススメします。

 以上、テキストには書かれていない「なぜ、この段階でこの練習を選ぶ必要があるのか」ということを書いてみました。

 ……コツコツと続きます。乞うご期待!

参考

コツコツ努力が報われるメール講座《奏法リノベーション365》

 自分でできる演奏フォーム矯正のヒントをメール講座形式で毎日365日お届けします! 「読んでるだけなのに、なぜか演奏が楽になっちゃった」 「練習が楽しみになった」 というお声が届いてます。やったー!   読んでみませんか? 演奏が見ちがえるメール講座《1日5分の新習慣♪奏法リノベーション》

☆☆

バイオリン奏者のためのお役立ちヒント「弦楽サプリ」YouTube

読んでわからないことも、話を聞いたり、動きを見るだけでわかっちゃうこともありますよね〜 チャンネル登録すると、更新情報をキャッチできます。 いますぐ登録どうぞ♪
↓ ↓

 - Violin上達しよう , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「アドリブが苦手……」~本当に自由にしてみたらどうだろうか?

 こんにちは、いちろーです。 アマチュアバイオリニストでありながら、東 …

no image
【弦楽器奏者のためのアレクサンダーテクニーク体験学習会】専用・お問合せフォーム(申込はこちら)

 こちらは、アレクサンダーテクニーク体験学習会の参加申込み・お問合せ用メールフォ …

no image
「学ぶ=真似る」巨匠たちの演奏を目で学ぼう~DVD「アート・オブ・ヴァイオリン」

新しいことを学ぼうと思ったら、なにが本物なのかを知る必要があります。その分野での …

メニューインによるヴァイオリンのための6つのレッスン(5-左手の動き…基礎動作と訓練方法)〜第5回

 「ヴァイオリン演奏を教えるときに、アレクサンダーテクニークの考え方が役に立つぞ …

no image
「脱・ヴァイオリン初心者」シリーズ開始に寄せて

「脱・ヴァイオリン初心者」シリーズ 「脱・初心者」と言っておきながら、僕自身のこ …

no image
演奏を良くしたかったら、体の動きを観察せよ!

 バイオリンの演奏で面白いのは、音楽をどう考えているかが体の動きとして見えやすい …

「座る」が変わった1ヶ月間の探求~ヴァイオリニストのためのアレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークって何? アレクサンダーテクニークのレッスンでは、参加す …

合奏練習のときに自分に言い聞かせていることを書き出してみました(オーケストラ参加の記録、2013/06/09 シンフォニエッタ・ソリーソ合奏練習)

 いままで数多くの合奏練習を、さまざまな指揮者のもとで、さまざまな楽団のメンバー …

【弓の持ち方・その2】~手のひらが動ける?!だったら、どうすればいいのさ?

 全3回シリーズでお届けする【弓の持ち方・超入門】です。今回は第2回目です。  …

no image
格安ヴァイオリンを使うことで失われる3つの感覚…

初めてのバイオリンにどんなモノを選べば良いのか、悩むところです。 そして、相談を …